生命保険料控除の対象

優秀な貯蓄性で確実にお金が貯まることや、親に万が一のことがあった場合に保険料の支払いが免除になることのほかに、 学資保険には生命保険料控除の対象になっているというメリットがあります。 ただ、生命保険料控除とは何か、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。 この生命保険料控除というのは、所得税や住民税が安くなるものです。

生命保険料控除により、所得税は最高額で40,000円、住民税では最高額で28,000円が控除されることになります。 ただし、控除額が丸ごと受け取れるわけではなく、課税所得から保険料控除額をマイナスし、 その金額に所得税率をかけて算出された金額が受け取ったと同じものになる金額です。 例として、課税所得が5,000,000円の世帯では住民税率は10%に設定されるため、 最高額の28,000円の控除を受けると28,000に10%をかけて2,800円の住民税が安くなります。

また、所得税率が10%の場合には、4,000円の所得税が安くなります。 所得税と住民税を合計すると、1年あたり6,800円が還付となり、税金負担額が減ることになります。 なお、何もしなくても控除を受けられるわけではありません。 控除の申請を会社員の人は年末調整で、自営業の人は確定申告時に行なわなければいけないため、注意が必要です。

万が一のときは保険料免除

詳しくみる…

貯蓄性に優れ確実に貯まる

詳しくみる…